2018
11.15

『フリーは売上にならないから入りたくない』は面白かった!!

未分類

先日、オンラインサロンNO LIMITで鳥取に上陸したんです。。

鳥取?

1番最初に思いつくのがスターバックスじゃないですか??
47都道府県の中で唯一スタバが出店していなかった地域として話題だったから。。

まあ、そんな鳥取の地に降り立った3人。。

着いてすぐにご飯を食べて向かった場所は鳥取砂丘。。
もちろん初めてだったし、予備知識も無かったから「砂丘??」みたいな気持ちで行ったんだけど、、

個室型美容室GULGUL 社長大河内隆広 on Twitter

鳥取砂丘きたーーーー!!! https://t.co/4C9xP6diO2

すげーーー!!
なんか、本当の砂漠みたい!!

いやーー、鳥取砂丘は想像以上に砂漠でした、、
マジで天気がそんなに良くなく、、
晴天だったら、写真撮影だけでも2時間以上は使っていただろう3人ですが、、

雨もパラパラ降ってる天候には勝てず、、
最低限の撮影会で立ち去ったのでした、

残念ダァーー。。

さて、、

今回、鳥取に来たのはセミナー!!

鳥取にまで呼んで頂けるなんて、ありがたい事です!!

うちら、3人でこういう時にやるのって、セミナー?というか、座談会?というか。。

まあ、テーマは会場からの質問やらで、初めからあるのですが、基本的には3人がそれを自由なスタイルでテーマに沿った雑談をしてる形式。、

めちゃ脱線とかもするし(笑)
時には、本当に3人だけで喋ってるんじゃねーかってくらい自由なトーク(笑)

そんなの聞いてもらって良いのだろうか??

でもね、、、

なんか、よくNO LIMITの3人で集まって、ダラダラくだらない話ってするんですが、その内容が実は1番リアルな経営話題だったりするんです!!

実際に、3人がダラーって話してる所をライブ配信したいくらい!(あ、でもくだらないはなし7割だからダメか、、)

それで、それで、、

今回の鳥取セミナーで、1番印象に残った3人の雑談はがこちら。。

『フリーは売上にならないから入りたくない。。。』

いやーー、面白かったなぁー。。
まさに、衝撃的でもあった。。

たしかに、うちのサロンでも時々「フリーに入りたくないスタイリスト問題」って話題に上がるんですよねーー。。

フリーだと、あからさまに他のスタイリストに受付表上で自分の枠から他人の枠に移してしまう。。

それが、他のスタッフからするとバレバレな行為だから困る。。
もっと、サラッと誰にも気づかれずにやってくれれば、まだいいのに。。

それで、サロン内は本人には言えずに裏でザワツついてるパターンなんですよねーー。。

実は、経験上だとフリーに入客したくないスタイリストって、まあまあいますよね。。

なぜ??

うーーーん。。

やはり、歩合に関係ないし“疲れるから”なんだろなー。

そこにセミナー中に爆弾に落としたのがこの人。。

ALIVE西川礼一。。

やはり、この人が爆弾を落としてくれた方がセミナーは盛り上がるんです(笑)

まあ、詳しい内容は先程のブログを読んで欲しいのですが、、
本当に、いつも「あたりまえじゃない」事をドカンと落としてくれるんですよね。。

それが、面白い、、

こういう時って、ほとんど3人で会話しちゃう事が多くなる!
もう、それを聞いてるセミナー参加者の事なんて、忘れて3人の普段の会話!!

「え?マジで?」

「え?それこういう時はどうするの?」

「なにそれ?そんな事やってるの?」

そんなセミナーあります?(笑)

まあ、それがNO LIMITの座談会セミナー(なんか、勝手にセミナー名変えちゃってるけどw)の特徴なんです!!

目を閉じて聞いていると、それはまるで休憩室で3人がくだらない話と一緒に、経営の事を討論しているみたいな感じ。。

いやーー、

今回の鳥取も楽しかったなぁーー。。

しっかり、蟹も堪能してきました!

次回は、鳥取砂丘でラクダに乗りたいな。

では。。

via PressSync


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・取材依頼などのお問い合わせはこちら