2017
08.09

『儲ける』って悪い事ですかねぇ?

大河内の好き勝手言う!

8月はオンラインサロンNO LIMITの活動が忙しくなってきています。。

東京と大阪の二会場で開催予定の『NO LIMIT経営セミナー』を企画してその準備。。

15000円という比較的に高額なセミナーだというのに、東京会場では50人の定員が埋まってしまいました!!ありがとうございます!!

(NO LIMITの会員限定のセミナーです)

いま、会場に問い合わせをしながら、追加で人数を増やせるか?を検討中という、非常にセミナー開催側からすると、嬉しい問題が発生している状況です!

15000円まで払ってでも、来てくれるって嬉しくないですか?

タダで開催するセミナーより、

15000円で開催するセミナーに、より多く人が集まってくれる喜びって最高なんです!

それだけ『価値』を期待してもらえてるからでしょ?

最近はすごく考えるんですよね。。

特にオンラインサロンをやり初めてから。。

有料と無料の違いってなんだろ?

今回のセミナーだって、そうなんです。。

「有料で開催する?」「無料で開催する?」

セミナーを開催するにあたって、メンバーでその議論がされました。。

うちらのオンラインサロンの目的が、。

『独立から2店舗目を目指す!!』

という事を目標とした、美容室経営専門のオンラインサロン、。

僕たちに関わって、オンラインサロンに加入してくれた人、全ての人に『独立』や『2店舗目出店』のヒントや手助けになる事が最高の結果になります。

だから、数多くの人に加入してもらえるオンラインサロンという形なのですが(現在加入者数762人)なかなか、オンラインだけでは伝わりきれない、現実もあります。。

そこで、今回の「NO LIMIT経営セミナー」を開催することに、、

オンライン上だけでは、伝わりづらい事を「リアルセミナー」で補足していくのが今回のセミナーでの役割。。

やっぱり、文章だけでは難しい!!

それは、初めから分かっていたんですよね、

NO LIMITの会員になる為の価格は、月額1080円!!

ここでは、オンラインサロンは1080円の価値でいいと思っているんです!!

というか、むしろそれ以上は無理!!

経営って、人それぞれの状況が違うし、それに合わせた正解じゃなきゃ意味なかったりとか。。

それを、全部カバーして、オンラインで応援するなんて、物理的にも難しいんですよね、、。

そこで、僕たちが出した答え。。

それが、1080円の価値なんです!

僕は何事に対しても、、

●需要と供給

●価値と価格

これが大切だと思ってます!!

なので、、

【オンラインサロンの役割と価値】

【経営セミナーの役割と価値】

【個人コンサルの役割と価値】

NO LIMITは個人コンサルはやっていませんが、経営サポートって大きく分けると、この3スタイル必要な気がするんですよね、、、

それの価値に合わせた値段も当然必要な事だと思ってます。。

そこで、今回の『経営セミナー』の価値を僕たちが自己分析した結果、、

15000円

となったのです。。

あとは、この価値に対して値段が妥当なのか?高いのか?安いのか?は受講してくれた人にしかわからない。。

これって、美容もいっしょでしょ?

前髪カットが、、

500円なのか?

1000円なのか?

2000円なのか?

どの値段が妥当なのか?はそこの美容室ごとに違うし、それを判断するのはお客様だけですからね。。

美容室経営サポートも一緒。

美容室のメニューも一緒。

その価値に、共感してくれる人が集まってくれて、その価値に見合ったモノを提供しようと一生懸命に努力する!!

これが素晴らしいんじゃないかな?

今回のセミナーの値段を決めている時も、一度は話が出たのですが、、

「経営セミナーは無料でもよくない?」

でもね、、

僕は違うと思うんです。

『無料(タダ)ほど胡散臭いものはない!』

ちゃんと、自分たちの出すセミナー内容に責任をもって、価値をつけ自信をもって提供する!!

だから、無料(タダ)じゃダメなんです。

そして、それに来てくれた人が受講して、、

「いやーー、あのセミナーつまらなかったよね〜〜、2度と行かないっしょ!」

と感じてしまったら、それまで。。

それでいいんです。

僕達は、そうならないように、ベストを尽くす事が大切なんだから!!

金儲けって悪い事なの?

よくさ、win-winの関係っていうでしょ?

でもね、それも「金儲け」から始まってる言葉な気がするんですよね。。

三方よし。win-winな関係。などなど。。

皆んな一緒にハッピーになりましょうとの意味だと思うんだけど、そこに「金儲け」って言葉がプラスされると、なんかイメージが悪くなる。。

結局、、

「金儲け」ってネガティヴな言葉の響き。。

なんか「金儲け」って言葉だけで、、

人を騙したり、人の事を考えてなかったり、自分が儲ける事しか考えてなかったり。。

そんな印象をもちません??

けど、それはイメージが悪いんです。

そのイメージばかりが先行すると、、

美容室とかでも、カットの料金を上げたりする事だけでも、、

「あいつ金儲けに走ったな〜」

とかって、言い方する人が出てくる。。

けどね、

僕が思うのは、、

「毎回カットタダでいたします!」

って言ってる人の方が、よっぽど怖いと思うんですよね〜〜。。

なにか、裏ありそうじゃない??

でも、カット値上げした人は、お客様にそれでも支持されてるのなら、正当なその人のカット料金だと思うし、その値上げでお客様が減ったら、それが実力ってことでしょ?

そもそも、、

良いモノって、値段のついてるモノからしか産まれない気がするんです!!!!!

値段が付くから、価値を上げようとする!

価値が高まったから、さらにそれにあった値段に上げる。。

その値段に見合った『価値』が無いものから、世の中から淘汰されていってしまう。。

なんでも、そうだけど慈善事業だけで、人の為に動くのって限界あるし、すべてそれがうまい形として、

●win-winな関係

●三方よしの関係

として、ビジネスモデルの構築が出来るからこそ、サービスや技術をが発達していくと思うんですよね、、、

ただ、当然ですが自分たちが儲ける事だけしか考えていない『価値』を商品として、提供することは最悪です!!

僕は、なんかビジネスで美容室を経営している者として『儲ける』という言葉を否定したくないんですよね〜。。

ほら、言葉の印象が悪い分、なおさらね。。

『儲ける』は悪ではないですよ!

むしろ、うまくビジネスモデルを構築する事によって、すべて発展してきたわけだし!

無料のモノには、無料の価値しかないし、継続して良質なサービスを提供出来ないってのが僕の考え方です!

だから、、

その価値に合った『値段』をつける。。

win-winな関係、

三方よしな関係、

が出来る『儲ける』コトを皆んな目標にしていけばいいのになぁ〜〜って思ってしまう。。。

そして、僕達は、、、

「価値ないじゃん!」

って言われないように努力する!

自分たちの、価値を上げる!

だから、まずは『儲ける』事から考えて、自分たちのレベルを上げる事を考えながら発展していくのが理想かなぁ〜〜。。

それなのに、

「儲ける」ってのは、価値の無いものを、自分の為だけの事を考えて、人を騙してでも売りつける。

ってイメージだから悪い、。

だからといって、自分に無理をしながら、慈善事業をするのは、もっと違うし。。。

さて、

僕達のNO LIMIT「美容室経営セミナー」は、

15000円の価値を出せるのか?

価値なくガッカリさせてしまうのか?

騙された!と言われてしまうのか?

僕達次第っすね(^。^)

もちろん!

そんな事、言われないよう、来てくださった人達に、精一杯答えられるセミナーにしたいと思います!!

ちなみに、会場は。


DMMの新社屋を借りてのセミナーに!!

テンション上がりますね〜〜!

僕達のオンラインサロンもまだまだ募集中なので、興味ある人はクリックしてください!

よろしくお願いしまーす!

西川 礼一/大河内 隆広/鈴木 淳也 – “NO LIMIT”〜独立から2店舗目を目指す〔美容室経営戦略会議〕 – DMM オンラインサロン

「NO LIMIT」とは、2 店舗目出店を目指すために必要な知識を学ぶ 美容室専門の経営オンライン・サロンです!「NO LIMIT」では、 1 店舗経営やフリーランス独立ではなく 多店舗経営を推奨します!フリーランスや1店舗家族経


では!

第3期オンラインサロンメンバー募集中!
月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで5店舗の美容室を展開する美容室社長。。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。