2018
07.06

『気をつけて!』NTTのギガらくWi-Fiの電話営業が、マジで最悪な話。。

大河内の好き勝手言う!, 未分類

皆さん、店舗を経営していると、色々な営業電話がかかってきませんか?

NTTの営業電話もその一つ。。

だいたい、NTTの代理店を名乗る会社からTELがかかってきて、いろいろなサービスの営業をかけてくる。。

断っても、断っても、いろいろなNTT系の会社から、代わる代わるかかってきて、断るのもめんどくさくなる事が多い、。

そして、最近、、

『ギガらくWi-Fi』というサービスのTELが、うちのどこの店舗にも頻繁にかかってくるようになっていたんです。。

ここで、うちは本部に取り次がないと、契約出来ないからって、安心していたのが大間違い!!

今回は、マジでビックリさせられました!!

本当にNTTの『ギガらくWi-Fi』という営業電話がタチ悪いって思った瞬間でした!!

知らない契約が勝手にされて

時をさかのぼり、

1週間ちょい前に、僕は週一回だけ出勤している店舗に美容師としてサロンワークをする為に、出勤しました(普段は本部事務所出勤)

そこで、、店舗に付いているWi-Fiが新しくなっている事に気がついたんです。 。

最近だと、ケータイ会社が無料でWi-Fiポイントを設置してくれたり、交換してくれたりしてくれる事があるから、それかな?って感じで思っていたのですが、念のために店長に確認してみたんです。。

「あのWi-Fiどうしたの??」

そう店長に聞くと、、、

「なんか、ギガらくWi-FiってTELがかかってきて、お試しで置いてるんです。」

この時に、ギガらくWi-Fiって言葉は知ってました。。
むしろ、何回もTELが、僕のところにまで届いて来て、数回お断りしてます。

でも、毎回そうなのですが、NTTの代理店営業って、断っても意味ないんですよね、、

何度でも、何度でも、断っても、断ってもTELがかかってくる!
同じ会社の時もあるし、違う会社の時もある!

テレアポ部隊が、リストを元に無差別にTELをしてるからタチが悪い。。

だから、この時は「また、かけて来てるんだなぁ〜」ってくらいにしか思ってませんでした。。。

完全に契約する気はゼロでしたが、お試しで置けるなら「まあいいか」くらいな気持ちです。。

そこから1週間。、

昨日、店舗のアドレスにメールが一件届いていたんです、

なんだこれ??

この文面のメールだと、契約ってなってる。。

すぐに、店長に連絡を入れ、間違いじゃないか?っていう確認を取らせる事にしたのです、、、、

そしたら、、

ここからが、本当に信じられない事に、、

アルバイトでも契約出来るって驚愕

結果から話すと、ギガらくWi-Fiよ正規契約がされていたのです。。

「なんで??」

話を聞くと、契約書は交わしていませんが、TELで店長からギガらくWi-Fiの契約を了承してもらったとこ事。

もう、頭の中は『???』って感じです。

当事者の店長も意味がわかっておりません。。
お金がかかる契約を自分がした認識はゼロなんです。。

ただ、、

ちょっと、しっかり理解しないで返事をしていたという事だけ不安に思っていました、、

とりあえず、NTTの代理店に僕自らTELをする事に。。

僕の立場からすると、知らない所で店舗のWi-Fiの有料オプション契約がされちゃってて、「契約ありがとうございます!」ってメールごいきなり届いても、ポカーーンでしかないですからね、、、

まずは、自分で聞いてみなくちゃって思いました!!!

そうしたら、、

やはり、契約完了とのこと。。

ギガらくWi-Fiを契約させたNTTの代理店の主張はこうです、、、

●こちらは、相手が決裁権があるかは、わからないのでTELに出た相手に契約して大丈夫ですか?と聞くしかない。

●1度じゃなく何回もTELをして確認はした

●オプション契約なのでTELだけで契約が成立する

●ルールに沿って営業してるので違法ではない

そこで、聞いてみました。。

「ルール上としては、TELに出た相手がアルバイトだったとしても、その人が契約を自分が決めて大丈夫と言ってたら、契約は成立するんですか?」

答えはYES、、

なんなの、、
この契約、、

それ、おかしくないですか??

ちなみに、解約すると7万円近い金額がかかるとの事。。。。

ヤバイですね、、

ちょっと、この契約のやり方おかしいよね

もう、うちは正当な事しかやっていないって主張だらけなんですよね。。
まあ、そりゃ法に触れることはしてないのでしょう。。

けどね、、、

なんか、この契約のやり方っておかしくないですか??

ちなみに、うちの店長は勝手に有料のWi-Fi契約をしていい決裁権はもっていません。
しかも、その店長が得するような契約では、今回のギガらくWi-Fiはありません。。

だから、確実に勘違いと、忙しい美容室の営業中のTELで適当に軽く返事をしながら対応してしまった事が、今回の契約に繋がったのだと思います。。

もちろん、ネットで『ギガらくWi-Fi 勧誘』を調べてみました。。

やはり、いろんな所でモメてますね。。

この電話対応してくれた担当も、本当に自分の正当性しかアピールしてこなかったので、ちょっと聞いてみたんです。。

「ネットで調べると、すぐに今回みたいなトラブルがたくさんヒットするけど、全国的にギガらくWi-Fiで、うちみたいなトラブルが多い事をあなたは知らないんですか??」

答えは「知ってます」

もう、この時点でおかしいんですよね。。

この担当のTEL対応は、こちらの店長が勘違いして契約してしまったケースを「よくあるトラブル」というスタンスはなく、自分の正当性しか主張しない。。

このトラブル、、今回のケースが初めてじゃないはずなのに、、

なんで、この担当はお客様目線に立って電話が出来ないんだろう、、、
まずは「申し訳ありません」じゃないですかね?普通は、。

今までもトラブルしてるケースを知っていて、ネットでも話題になってるのに、、、

普通なら、、

「あ、また勘違いで契約してしまったお客様がいたんだ!」

って思考にならないのか不思議です。。
これだけ、話題になっていてネットでも叩かれていたら、同じケースのクレーム来たら1番最初に「申し訳ありません」って言葉があってもいいと思うんですが、、

1度もありませんでしたね、、

売れりゃ良いってだけじゃ長続きしないよ

あのね、、

実際に、詐欺ではないけど、日本語の言い回しとか、相手の無知識につけ込んで、勘違いさせながら契約を取る商売がある事を僕は知ってます。。

僕が若い頃に、アルバイトしていたテレアポ営業の仕事もそうでした。。

NTTのマイラインの営業とビジネスフォンのリースを組み合わせて、高額なリースを組ませる仕事です。。

完全に営業トークとしてもグレーでしたし、相手の勘違いを巧みに狙った営業トークがマニュアル化されてました。。

まあ、今回とその当時の手法が一緒だとは言いません。。

けど、、、

本当に辞めませんか??

ケータイの機種変の時に、知識の少ない女性を狙って、アイパッドとか、バックアップシステムとか、ポケットWi-Fiとか、見守りケータイとかを契約させるのも同じ手法。。

最初に、、

「これは無料なんですよーー」

って勘違いさせている所が共通点なんですよね。。

マジで、売れれば、そのあとはなんでも良いと思ってる。。

そんな風に、営業して販売出来たって悲しくならないんですかね??

詐欺でもないし、法律違反でもないけど、やはり確信的に「勘違いを狙って」やってる事は否めないです。

特に、ネット関係って苦手な人からすると、

「何が何だか分かりづらい」

って部分をうまく利用して、勘違いさせる。。

騙してはないんです。。

勝手に相手が勘違いしているだけなんだから、、、、

でも、、

それって、汚くて僕は嫌いです。。

もっと、もっと真っ当に営業して欲しいものです。

ただ売れれば良いって考えで、商売したってやはりそれは長続きしないと思っています。、
騙してないけど、勘違いさせる手法がってたくさんあるじゃないですか?

それって、本当に人を幸せにしてるんですかね??

もっと、違う部分に気づいて、今回の担当も話を聞いて欲しいって思いました。。

そもそも、ギガらくWi-FiってNTTの正式なサービスなので、悪いモノではないんです!!

けど、しっかりと内容を把握させて料金まで伝えて、真っ当に勧めて欲しいもんです!

それだけ良いサービスでも、勧められ方が最悪だとダメに思っちゃうでしょ??

さて。

今回は「それっておかしい!」って部分をしっかりと伝えて話していこうと思ってます!

はよ、こんな営業なくなれ、、

そんなことを、切に思う出来事でした。。

では。

via PressSync


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・取材依頼などのお問い合わせはこちら