2019
01.11

携帯にウザい営業電話がかかってきた。

未分類

もう、人生で営業電話を何回取ったんだろ?

ほとんどが、人の状況も考えないで、一方的にTELをしてくきて時間の消費をさせる人だらけ。、
まあ、少数ではあるけど、しっかりと丁寧にこちらの事を考えてくれる営業さんもいるけどね、、、、

でも、、

だいたいは、ダメな営業電話が多い。

これは、昔から変わらないんだろう。
いや、むしろ昭和に比べればマシになっているのだろうか?

たぶん、仕事中に営業のTELを取って「イラっ」とした経験がある人は、僕だけじゃなく多いんじゃないでしょうか?

あれって、本当にタイミング良く、こっちが忙しい時にかかってくるんですよねぇーー、

だからね、、

前から僕は言ってるんですけど、、、本当にNTTにダイヤルQ2のサービスを復活して欲しい。。

知ってます?

まあ、簡単に言うと相手がTELかけてくると、こちら側が任意の金額で課金できるやつ(ん?たぶんそんな感じだと思う、、)

そしたら、僕への直通電話は全て課金かけてやるのに!!

全部、営業電話には僕に直通の、その有料電話の番号を教えてチャリンチャリン。。
それだったら、営業でんわがすきになるんだけどなぁー。。
本当に残念です。。

さて、、

それでね、、
この前は、マジで最悪な営業電話だった。。

最近、何故か僕の携帯に営業TELがかかってくるんです。
しかも、かけてくる人は携帯にかけた事を認識していない。、

僕が、、

「これ携帯ですよ?わからないんですか?」

と言うと誤魔化すんですよねー。。
本当に鬱陶しさMAXなんです。。
そして、怪しさMAX!!

何回も携帯にTELが、いろいろな業者から営業TELとしてかかってくるから、この前は遂に聞いたんです!!

ここからは、会話として書きますね!!

「ところで、あなたの営業とかはもうどうでもいいんですけど、何故僕の携帯番号を知ってるんですか?」

相手「いや、ホットペッパービューティーを見ながら連絡させて頂いておりまして!」

「何店のですか?」

相手「錦糸町の店舗です!」

「おかしいですねー。そこには僕の携帯番号載ってないはずなんですけど、、」

「たしかに4ヶ月前に錦糸町店がオープンの時は、TEL番号が決まるまでの間に店舗番号の代わりに載せてた事はあるけど、今は載ってないはずですよ!」

相手「あ、、いえ、、そうなんですか?」

「そうです!僕の携帯番号はどこから回ってきたんですか?」

「今ホットペッパーに載ってない僕の番号を知ってるっておかしくないですか?個人情報が売られてるんですか?」

相手「あ、、いえっ、、うーー、、」

『ツー、ツー、ツー、ツー………..』

こぉいつぅーーーーー!!!

切りやがぁったなぁーーー!!

もちろん、その後にかかってきた番号へ、すぐに掛け直したのです。、

そしたら、、

「おかけになった電話番号は、お客様のご希望によりお繋ぎできません。

着信拒否しやがった!!

いやね、、

結局は、僕の携帯の番号をどこからゲットしたのかは、わからないです。
たしかに、ホットペッパービューティーに僕の携帯番号は載っていました。

たぶん、2週間くらいでしょうか、、

最近って、ちょこちょこ聞くのですが、都内だと電話番号が決まるの遅いんですよね。。
プロバイダーの関係なのでしょうか?

そのつなぎに、僕の携帯番号を載せてたんです。。

それが、今から4ヶ月前くらいの話。

まあ、話の途中でガチャ切りして、着信拒否するくらいだから、なにかしらやましい事がらあったのだと推測するのが普通でしょう。

なんですかねーー。

どこかの企業が、TEL番号を情報として流してるのは可能性として否定出来ないですよね、、

まさか、そんな事をリクルートさんがやるはず無いと思うけど、、そんな小さな利益のために、危ない橋は渡らないでしょうしね、、
でも、どこかに犯人はいらっしゃるのでしょう。。

ますます営業電話が嫌いになる、、

そんな事があったんです。。

もっと、どうせ営業かけてくるんだったら、着信拒否するような仕事しないで欲しいなー。。

その後ろめたさって、気づいて欲しいですよね。。

はあー、嫌だわ。

では。

via PressSync


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・取材依頼などのお問い合わせはこちら