2017
10.07

美容師にとって12月は特別な期間だよね、、

ブログ

「12月に最高記録を出す風土ありますか?」

美容室だったら、この感覚をもっている美容師の人は多いんじゃないのでしょうか?

「スタイリストとして、1年で1番の最高記録を出したい!」

この風土、、、

実は、、、

GULGULってあまりないんですよね、、、

なので、今年は皆んなに意識してもらいたいなぁ〜。。

12月の数字を意識する事って大切っすね!

なんで、うちのスタイリストは、今まで12月に新記録を出す事を意識していないのかというと、、

社長の僕が言ってなかったから( ̄∇ ̄)

ただ、それだけです。。

でも、それでも12月は売上が伸びていたんですよね。

だから、目指して数字が伸びるというよりも、自然と12月になると売上が高いってなる。

僕自身がそんなに12月のスタイリストの数字を言ってこなかった事が、12月への最高記録を意識する風土がない、1番の要因だと思います。。

けど、、

今更だけど、大切だし。

作っていきたいですねー!

特別な期間には変わりないでしょ!

12月って、美容師にとっては、普通の月と違い特別な期間です。

そこに1年の集大成を出して、数字を意識する。。

やはり、いい事だと思うんです。

1月から11月の実績が伸びていなければ、必ず12月の最高記録は出ないでしょうし、なかなか成長もしてないのかも。。

毎月、コツコツと自分のスタイリスト力を上げて、お客様に支持を得て。お客様の来店周期までコントロール出来るスタイリストになる。

その結果が、12月の最高記録なのかなぁと、、

あと、最高記録ってわかりやすいですよね、、

美容師の冠ってその人の自信になると思うんです

もう1つ、12月の最高記録を目指すといいなぁって思う事は、、

「そのスタイリストの冠になる!」

例えば、12月に200万円あげたら、、

例えば、12月に300万円あげたら、、

例えば、12月に400万円あげたら、、

例えば、12月に1000万円あげたら、、

やっぱり、そのスタイリストを説明するにあたっての『』になるんですよね!!

普通の月に150万円のスタイリストが、12月に250万円あげたら、『250万円スタイリスト』って冠になるし。。

これね、、、

お客様に対しては、この『冠』って関係ないのかもしれません。。

むしろ、暇な時に来店したいってのが本音かも。。

けど、、、

やっぱり、スタイリストにとって、最高記録を更新し続けて、自分になんでもいいので『冠』を付けるって大切じゃないですかねぇ?

それが、自信につながり、成長させてくれて、結果的にお客様に良いパフォーマンスを提供する事が出来る!!

だから、

スタイリストが自分を成長させるには、12月は『特別な期間』として、自分を高めるには、都合の良い期間だと思うんです。

すべて、12月に向かって取り組む。

その計画性のある、仕事のやり方だけでも、いい勉強になり、

その結果が、12月の数字として結果に残る!

そんな、最高記録を目指す風土を今年から作りたいと思ってます。

まあ、、

うちは、締め日が15日だから、これまでも16日〜15日の数字ばかり出して来ているので、12月は1月の連休と一緒になった数字しか出してないから、ダメなんですよねぇ、、

去年から、12月は単体で数字を出してるんだけど、、

けど、、

締め日変えたいなぁ〜〜。。

末締めにしたいなぁ、、、

うまく、変えられるかなぁ、、

スタッフ嫌がるかなぁ、、、

そんな事を考えてるシューイチ美容師の土曜日でしたー!

今日の夜は、副店長、チーフ、幹部が来てやるミーティング、、

まあ、今日のブログはそのミーティングの為のブログですね、、、

ミーティング前に、ブログで簡単に説明ができるし。。

ブログは便利ですよ^_^

とにかく、あと少しで12月なので、気を引き締めていきたいと思います!

では!


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・コンサル依頼などのお問い合わせはこちら