2019
03.12

3年A組を観て、やはり想像力って大切だなと思う。

未分類

いやーー、

皆さん。、
観ましたか?

昔は、めちゃドラマっ子だったんですけどねーー。ここ最近、、そうだなぁ〜5年くらい前からドラマとかから遠ざかっていました。。

日本の連続ドラマも好きだったし、海外ドラマなんかドハマりしちゃってた時期がありますもんね。。

それで、久しぶりに全話を観たのが、

『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』

ちょっと、ベタベタな気はするし、現実的にストーリーとしてどうなの?って部分はありますけど、基本的に僕はそれくらいのドラマの方が好みなので問題ありませんでした!

面白かったなー。。

せっかくだから、またスペシャルとかで復活して欲しいって思うレベルです。。

さて、、

このドラマって、SNSがテーマとして取り上げられて、いろいろ今の世の中としても考えさせられる部分があり、むしろそれを狙って作られてるんだろなと思われますが、、

僕が、このドラマで1番好きだったセリフがこれ、、、

ん?

セリフを載せるだけでもネタバレになるのか?

うーーん。
大丈夫だとは思うんですが、気になる人はここで読むの辞めてください。。

はい。

こちら、、

「お前に足りなかったのは、想像力だ。もし自分の家の窓を割られたら、自分の服を切り裂かれたらどんな思いをするのか、その投稿で、いわれのない中傷を受けたらどれほど傷つくのか。お前にはその痛みを想像できなかったのか」

そうそう。。

なんだろ、、、

セリフが好きなわけじゃなく、たぶん、、

『お前に足りなかったのは、想像力だ!』

この言葉なんだろなと。。
いつもね、自分の中で繰り返し言い聞かせてるセリフなんですよねーー。。

このドラマで使われた「想像力」ってのは、どちらかっていうと“自分の行動が相手をどれだけ傷つけるのか?”という事に気付かなかったという想像力。。

「自分の行動が、、、」

●迷惑をかける

●被害を与える

●嫌な気分にさせる

●怪我をさせる

●嫌われる

などなど、自分の取った行動や発言によって、相手にネガティブな事が発生してしまう。。

「なんで、それをやる前に気付かなかったんだよー!!!」

そういう事って、めちゃありませんか?
本当に、僕の中では大切にしていて、こういう事をスタッフにも伝えているはずです。。

“それをやったら、他の人からどういう見られ方をするのか??”

しょうじき、事実なんてどうでもいいんですよね、、、、

「だって、本当に私はやってないんです!!」

これって、普通に生活していたり、職場とかでも聞くことがあるセリフです。
結局は、事実なんてどうでもよくて、その人が取った行動によって他人はどう思うのか?、、

それの方が大切だったりしませんか?

だから、、、、

『想像力』

まあ、いろいろこの想像力って使えるなぁ〜って思ったり、、

とくに、サービスはもちろん、店舗運営にもすごく大切!!

もちろん、ドラマのテーマになってるSNSにもね。。

これに長けてるだけで、めちゃくちゃ人生を得もするし損もするって言える能力の1つなんじゃないかって思ってます。

ありゃ得するし、なきゃ損する、。

うんうん。。
すごく大切。。

ゲームとか、将棋などなんかもそんな感じなんじゃないですか?
自分の打つ手によって、いろいろ戦況が変わる。、、

そっか、

結局は、なんだって同じことなんだ!!
べつに、仕事や遊びやゲームだけじゃなく、

生きて生活しているって事は、自分の行動の後に何が起こるのか?を『想像』しながら行動するべきものなんですね!!

そうそう、

やはり、なんでも使えるし大切な言葉。。

『想像力』

いやーー、ドラマ楽しかったなぁー。
もし、まだ観てない人がいたらおススメですよ(^^)

Let’s think!

では。

via PressSync


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・取材依頼などのお問い合わせはこちら