2016
04.11

知人の美容室が火事にあいました。

ブログ

先週の金曜に、知人が名古屋で経営している美容室が火事になりました。商店街の並びにある飲食店からの出火が燃え広がり、知人の美容室も被害を受けてしまったようです。

僕はそれをFacebookでしりました。知ったのは火事から1日たった土曜日のこと。何気なくFacebookの投稿をみていたら、知人オーナーの片桐さんの投稿で、、

  

初めはこの投稿を見て「まじ!?」って気持ちと、美容室の近くで火事が起こると大変だろうな〜〜。くらいにしか思いませんでした。

僕も昔に働いていた職場の隣が営業中に火事になり、逃げた経験があります。とにかく煙が凄く、このビルから火事になっているんじゃないかと、思うくらいで、とてもじゃないけど室内にいれる状況じゃありませんでした。

なので、近隣で火事があったとしても煙や臭いで大変だろうな〜〜、くらいの感覚だったのです。。

それから、その後が気になり、まずは片桐さんのページを見たみたら、、

  
  

もう、言葉を失いました。

同じ美容室を経営している立場で、この状況が自分の事のように「ズドンっ」と突き刺さって来たんです。

  

どんな思いと、どんな大変さを乗り越えて、このサロンを作ってきたのか。。

これから、スタッフ含めてどれだけ復活するまでに大変なのか。。

それが、同じ美容室経営者としてリアルに思い浮かんでしまうんです、、

ここで調べて初めて知ったのですが、、

  

もらい火での隣家へ損害賠償請求って出来ないんですね、、

経営をしていれば、いろいろな「リスクカード」を引かなければいけまさせん。それは、わかっていたけど、自分が気をつけていても、ここまでの「リスクカード」という『もらい火事』が襲ってくるって、あまりにも酷いです、、
この火事があってから、すぐ次の日には片桐さんを身近で支えてくれている人が「カンパ」を募るサイトを立ち上げてくれました。

m-earthにカンパを! | 岸正龍公式 心理誘導研究所

昨日の夜、僕の地元の大須の商店街にあるステーキ店で大きな火事がありました。消防によりますと、8日午後6時40分ごろ、中区大須の商店街にあるステーキハウス橋本から火が出て、周辺の建物に燃え移ったとのこと。当時ステーキ店にいたお客さんはテレビの取材に対して、「大きな火が出て『バン』と音がした。火が換気扇まで回った」と話しています。 …

僕はこれを見て、今日の朝にすぐにカンパの振込をさせてもらいました。

本当に心からカンパをしたいと思ったのは、初めてです。今回は率直に困っていてピンチな美容室経営者を、少しでも支えたいと思います。

片桐さんは気丈な人だから、復活祝いの事だけを話しています。

なかなか片桐さんを知らない方には難しいとは思いますが、もしなにか感じる事があればご協力をよろしくお願いします。

いつでも自分にも降りかかる

これは、自分にも降りかかる事だと強く思いたいです。。

会社の1番の使命は「永続的な存続」です。

50年、100年と続けていかなければダメなんです。

火事、地震、津波、水害、台風、、、

100年あったらどれかに遭遇しても、おかしくありません。

それでも、「会社が潰れる」ことがあってはいけないんです、、

会社のバランスシートをしっかりみて、利益率を取り。半年、1年と営業しなくても「潰れない」ような強い会社にしなきゃダメだなと、思いました。

今回は片桐さんのところに『リスクカード』かやってきました。しかし、僕も対岸の火事と思わずにしたいものです。。

また、片桐さんが復活した際にはブログでもお祝いしたいと思います!

頑張って下さい!

では!
気軽にFacebookの友達申請してください!


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・コンサル依頼などのお問い合わせはこちら