2016
03.20

「営業電話ムカつく」って思った事ありませんか?

大河内の好き勝手言う!

今日朝にFacebookを見ていたら女性の1人サロンのお悩みを書いてあるこんなブログを見つけました。

個人サロンの情報、どこまで出せばいい?

幸せサロン育成コーチのげしあゆみです。 女性一人でサロンをやっている場合、 情報をどこまで出せばいいか悩みどころだと思います。 自宅サロンの場合はなおさら。 住所や顔写真、サロンの情報=個人情報でもあるため、 警戒するお気持ちもわかります。 でも、 情報が見えなければお客様はもっと不安!! 趣味ではなくビジネスとしてサロンを経営していくのであれば テナントのサロンと同じ情報量でなければ 「分からない=不安=行かない」となってしまいます。 つまり、「すべての情報を出す」ことがオススメ。 集客においてサロンが出すべき情報はこちら サロンの写真(外観・内観) スタッフの顔写真 プロフィール サロンの住所 電話番号、メールアドレス アクセス方法 特にスタッフ(サロンオーナー)自身の情報は、写真も含めて できるだけ多く、開示すること。 これが共感を生み、来店前から「共感・信頼」をいただきやすくなるポイントです。 「お近くまでお迎えに行きます」という条件で、 市区町村や最寄駅まで、というやり方もありです。 私も独立前、自宅サロンをやっていたことがありましたが その頃は「ご予約いただいた方のみ住所の詳細をご案内します」 としていました。 と言っても、半年ほどで何も怖いことなんてないんだ、ということが分かって お客様にご不便やご不安をかける方が嫌だな、と結局 住所を公開するに至りました。 ただし、クーポン誌などに掲載する際には注意が必要。 どうしても避けられないのが営業電話がメチャメチャかかってくる、ということ。 一人サロンの場合、施術の手も止まってしまうため 本当に本当に迷惑、ですよね。 私は、一度かかってきた電話で、利用することのない会社の電話番号は着信拒否をしていました。 スタッフがいれば「営業電話はすべてつながなくて良い」と指示できますが 一人だと、「もしかしたらお客様からの電話かも?」と思うと出ないわけにはいきません。 以外と同じエリアでかかってくる営業電話の企業はそんなに多くはなく、 恵比寿でも20社ほどです。 大事なお客様との施術やカウンセリングの時間を、 どうでもいい営業電話に邪魔されたくないですものね。 お客様の安心とサロンの安心の両立のためには、 まずはお客様を安心させることが先、と覚えておくといいです。 「来て欲しいお客様で溢れるサロン集客セミナー」 3/22 (火) 満員御礼 →1席キャンセルが出ました! ご都合のつく方はぜひ! 新規集客が分かります 新規集客が得意になります 安定した集客が実現します 広告に依存することのない自立集客が叶います 新規集客にかけるコストが抑えられます 「来て欲しいお客様で溢れるサロン集客セミナー」 NEW!

女性の1人サロンならではの悩みってやっぱりあるんですよね。。

ここで、僕が激しく共感したのって「営業電話ムカつく」です。あれ?そんなキツめにブログでは書いてなかったっけ?(笑)まあ、僕の個人的な感情ですね、、、

うちも各店舗に僕宛の営業電話ってめちゃくちゃかかってきます。お客様を施術がメインなサロン業からしたら本当に迷惑でしかない行為ですよね。

それが、1人サロンだったら、絶対に困りますもん。お客様からかもしれないから、電話に出ないわけにもいかないですもんね。。

僕も、独立してから「営業電話」にはムカつきっぱなしです。。

礼儀のないやつが多すぎる

僕は電話をかけてくるヤツによく言います。

「あんた達こっちがどれだけの営業電話がかかってきてるかを本当にわかってる?何回も同じような話で何十回もかけくる営業電話の現状をリアルには把握してないんじゃないの?」

って言ってやります。この人達が電話をかけて来てよく言う言葉が。。

『集客とかにはご興味なかったでしょうか?』

ふざけんなボケェ!集客に興味がないサロンがどこに存在するんだよ!集客に興味がないんじゃなくて、お前の話に興味ないだけじゃ!!

本当によくこのフレーズ聞きます。僕の大っ嫌いな言葉です。なんでですかね?どっかの電話営業マニュアルにでも載ってるんだろうか?電話営業をしてくる会社が違ってもこのフレーズをよく言ってくるヤツがめちゃくちゃ多いですもん。

あと、社長の僕と知り合い風に電話をかけてくるヤツも沢山いるでしょう?これって電話を取った人を騙して決裁権の持っている人に取り次いでもらおうとしてるじゃないっすか?絶対にそんな人から買いませんよね!!


サロン業をもっとわかってから電話してこいっつーの!

うちなんて、フロントがいない店舗が多いです。お客様をカットしている途中でスタッフが電話を取りに行くんです。

それなのに、悪びれもなく電話してくるじゃないですか?

「今忙しいんだけど!!!」

営業電話かけて来ている人は、こんな言葉を100回以上サロンから聞いてるはずなのに、それでも悪びれもなくかけてくるでしょ?ハッキリ言って僕は、、

そんな人からモノを買いたくありません!!

今は、何を買うか?じゃなく誰から買うか?が大切な時代です。そんな、こっちの迷惑なんか考えないで電話してくるようなヤツからは買いたくありませんし、なにかを紹介して欲しくもありません。
だって、アイツらこんな空気感出してくるでしょ?

『情報だけでも聞かなきゃ損ですよ。いくら忙しくても情報を聞く時間をケチってちゃ商売としてイケてませんからね!』

ふざけんなボケェ!情報は大切に決まってるだろ!でも、いまはその情報が世界中の砂つぶと同じくらいの量があるんじゃ!だから、誰から情報を聞くのかが大切で、その対象にお前が選ばれなかっただけなんだろ!もっとお前が自分の情報を聞いてもらえる人間になる努力をせんかい!!


とにかく、営業電話をかけてくるヤツらは質が悪い人が多すぎます。

基本的に騙そうとするでしょ?

●社長と知り合い風に電話してくる

●無料でやります!聞くと金かかる。

●取材させて下さい!いやいや金取るんじゃん

こんな事、例に上げられなくらい沢山あります。

しかし、本人達の主張は「そう聞こえてしまったかもしれませんね?」って主張なんです。

だから、僕達は騙そうとしてませんし嘘もついておりませんって事にしようとするんですって!

でもね。。
 

でもね。
 

そりゃ、それくらいで法律に触れてせんよ。
 

捉え方によっては、嘘もついてないかも。
 

いやいや、こっちもバカじゃないんだから、いくらそう言われても、『あなた騙そうとしてたでしょ!』ってわかりますって!!逆に気づかないとでも思ってるのかなぁ??
 

この営業電話って全国的に美容室じゃなくても、全職種として迷惑している所がめちゃくちゃ多いと思うんですよね。

僕達側も失礼な電話をかけてくる所から買っちゃダメなんですって!

そんな手段でも売上があがるから、どんどんそんな業者が増えているんでしょ?

営業電話をしてくる所でもマジメな会社って沢山ありますって。。どうせ買うならそういう会社からにしましょうよ!

じゃないと、個人サロンの営業電話の悩みってエンドレスですよ。。
 

営業中に電話かけて来て、『僕達は美容室様のためを思って!!』ってフレーズを言うのも止めて欲しいわ!そう思うんだったら営業中に電話かけて来ないで下さい。。

それか、営業専用電話番号つくって、「営業の方はこちらにおかけください!」って教えて、課金出来る仕組みにするとかはどうでしょうか?? 

なおかつ、会うのは1回5000円とかで。。あれ?儲かっちゃうんじゃない??(笑)

いやーーー、あと5000文字はかけそうだわ!
そんな事を思った日曜でした!
 

では。
 

気軽にFacebookの友達申請してください!


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・取材依頼などのお問い合わせはこちら