2016
05.03

知っといてもいいお金の話

大河内の好き勝手言う!

世間はゴールデンウィーク真っ只中ですね。昨日は唯一の平日だったのですが、銀行とか郵便局が激混みですごく大変な状態でした。

いつもの3倍くらいの時間をかけて、銀行→信用金庫→郵便局にいってまいりました。

毎月必ず会社はスタッフに給与を支払ってから、翌月の10日までに源泉を納付(みんなの所得税)しなければダメなんです。でも5月はゴールデンウィークだから銀行がやっている営業日数が少ないんですよね。

こういう月は本当に混んでる!!源泉納付が遅れたりすると追徴課税とか付いちゃうから、厄介です。さすがの僕も1度も遅れずに(あれ1回くらいあったかな?)8年間納付し続けていますもんね!まあ、普通ですけど。。美容室の社長っすから!

 

今日はなんのブログを書こうか考えてたから、この流れで少しそんなことを書いてみようかな。

 

給与から引かれているもの

給与明細って毎月見てます?そういえば、僕が勤めていた時って毎月みてなかったなぁ。。

まず、総支給額ってのがあります。

そこから、いろいろ引かれて交通費が加算されて「差引支給額」になるんです。いわゆる『手取り』ってやつね。

だいたい美容師が引かれている項目は

⚫︎社会保険料

⚫︎厚生年金

⚫︎雇用&労災保険料

⚫︎住民税

⚫︎所得税

この5項目が引かれてから『手取り』となって給与として銀行に振り込まれるんです。

だけど、社会人を何年かやってると誰もが気づくはずです。

 

『なんか、やけに引かれる金額が多いな〜』

 

そりゃそうなんです。だって5種類もの項目の必ず払わなきゃいけない項目を「強制支払い」させられているんですもん。

しかもね、給与が上がれば上がるほど、その引かれる額が高くなっているのが日本のルール。。

 

ザックリでいい人の為の手取額の一覧表

 

給与によってどれだけの手取りになるのかって、前年の収入だったりとか扶養している人数とか、入っている生命保険やらの控除の額で全然、人によって違うのですが「そんな正確な数字じゃなくてもいいよ!」っていう、ゆるい美容師さんは下の目安手取額を参考にしてください。

 

額面     手取額

15万円 → 12万2000円

20万円 → 16万1000円

25万円 → 19万8000円

30万円 → 23万8000円

40万円 → 31万1000円

50万円 → 38万4000円

60万円 → 45万1000円

100万円 → 74万円

 

当然に正確な数字ではないです。
あくまでも参考程度にしておいた方が良いかと。基本的に独身の人での試算になっています。

ここで注目なのは25万円くらいの月給だと5万は引かれて、40万円になると9万円近く。50万だと10万超えちゃいます!

40万円から50万円なんて給与としては10万円上がっているのに手取りは同じ30万円台なんですよね。。

これが、俗に言う『給与が上がっても手取りがなかなか増えない!』ってやつです。

もう年金だろうが、健康保険だろうが国に収めなきゃいけない金額だから、感覚的には税金と変わらないですよ。

 

ここでアピールしたい会社の負担

皆さんの給与明細から引かれている金額って大きいですし、給与が高くなるほど、もっと増えるんです!

でも、ちょっと会社もそれを負担してるんだぞ!ってことも、コッソリアピールしちゃいます。

皆さんが給与から天引きされている金額の 

健康保険 → 会社が同額負担

厚生年金 → 会社が同額負担

雇用労災 → 会社が同額以上負担!

 

住民税と所得税を抜かしたこの項目は、皆さんが支払っている同額以上を会社が負担させて頂いております!

まあ、そういう法律だし会社がスタッフのそれを負担するのは当たり前で、やって同然だし誰からも褒められる事でもないんですよ!だから、声を大にして言うことじゃないんですけどね、、

しかし、

負担するのって、本当に結構キツイんっすよ!これ本気で頑張んなきゃ皆んなの健康保険と年金と雇用保険を会社は負担できないレベルなんです!

だから、会社はやってて当たり前のことだけど、、

アピールしたい!!

まあね、言うだけですって。アピールしたいだけだから、、

 

 

今日はお金の話だらけだったな〜。。

 

では。

 

気軽にFacebookの友達申請してください!

 


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・取材依頼などのお問い合わせはこちら