2018
04.03

2018年度株式会社GULGUL入社式

ブログ

昨日は、弊社、株式会社GULGULの入社式でした。

昨年から、仲良くしてもらっている美容室の真似をして、入社式をやりだしたので今年で2回目の入社式!!

その前の年は、自店舗でお遊戯会のような入社式だったから、今年の3年生には

「1年でこんなに扱いが違うなんて!!」

と言われてしまいました(笑)

まあ、それだけ、みんなのお陰で会社として成長して来たという事でしょう!!

さて、

こちらが今年のGULGUL新一年生!

11人の若き新しい仲間達です!!

今年は、沢山の美容学生に見学来てもらったり、面接来てもらったり、今までで1番多くの応募を頂きました!

その中から、自信をもって採用した11人のメンバー達です!

期待満載です!

いやーー、でも、今年も本当に良い入社式だったな〜

昨日も書きましたが、とうとう新卒生が僕の20歳下になってしまいました、、

昔は10歳下の奴が入ってきただけで、衝撃的だったのにもかかわらず、今年で20歳も年齢違う子達が入社してくるなんて、、

はぁ〜、、

どんどんオヤジになりますね、、

今年の新卒には『社員番号53番』を贈らせてもらってます!

うちは、少し前から社員番号って大切にしてるんですよね!

毎年、この入社式で最新の社員番号を発表して、新卒に1番大きい数字を入社の証として贈ります!!

まあ、贈るっていっても、ただの番号なんですけどね、、

別に、番号が若い方が偉いってわけでもありません、、

けどね、すごく僕は大切にしてます!

社員番号を見ると、一目で入社からの年数が誰が長い付き合いなのかってわかるんですもん!!

うちは、中途入社が多かった会社なので、そういう社員番号って大切にしたかったんですよね!!

スタイリストよりも、社歴の長いアシスタントって存在してきてしまうので、、

やはり、長くGULGULという、会社に皆んなが在籍していて欲しいって思いも込めて、社員番号は毎年授与しています!

毎年、思うけど、この子達の人生預かってるなって気持ち。。

もう、美容師として立派に成長させてあげる環境を、しっかりと作ってあげなきゃな!

そんな思いを駆り立てられます!

やっぱり、美容師って誰でもなれる職業じゃないんですよね、、

美容学校に行く事は、誰にでも出来ます!

けど、やはりその中から本当に美容師として、立派に成長出来るのって簡単な事じゃありません!

うちも、退職という選択肢に至ってしまったスタッフ達も大勢いました!

やはり、それは会社としての力不足。。

もっとGULGULが、しっかりとした会社だったのならば、辞めるって選択肢にならなかったんじゃないかな??

そんな事も何回も経験してきました!

本当は辞める必要がなかった人材。。山ほどいるんじゃないのかな?

この子たちが、立派に美容師まで辿り着けるか?って言うのは、すべて会社の責任だと本気で思ってるんです!

・うまくいかない時

・人間関係が悪くなった時

・仕事がつまらなくなってしまった時

・なんか無性に辞めたくなった時

そのきっかけを与えてしまってのは、やはり会社なんだと思う!

だからこそ、もっとなにか早めにフォローしてあげていれば、辞める必要なく美容師としても立派な人生を歩ませる事が出来たんじゃないかなあ?とか思うんですよ。

なので、いろんなことがあるとは思うけど、すべてこの新卒生が、美容師になり一人前の社会人になってもらうのは、うちが、全責任持っていると再確認させられるのが入社式なんですね!!

親からの手紙でも、毎年思わされます!

皆んな、本当に大切に育てられてきてるんだなって。

そして、その親御さんの気持ちと期待をしっかりと受け止めて、GULGULで良い最高の美容師になってもらいたいと心から思っています!!

新しいなかま!!

新しい先輩たち!!

そして、ぼくも社長として成長します!

今年も、GULGULを皆さまよろしくお願い申し上げます!

では、


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・取材依頼などのお問い合わせはこちら