2018
03.02

今の美容学生って凄いな〜

ブログ

昨日、美容専門学校の元気な1年生が、わざわざ仙台からGULGULまでサロン見学にやってきてくれました!!

仙台からっすよー

やっぱり、学生さんが地方から交通費をかけて見学に来てくれるって凄く嬉しくないですか??

NO LIMITの本を仙台からお守りがわりに抱えて見学に来てくれた仙台ビューティーアートのnahoちゃん。、、

元気よく、積極性のあるキャラクターだったなぁ〜

そもそも、このNO LIMITの本って美容室経営者向けに作られた本なんです。(気になる人は買ってくれ〜)

だから、

「ちょっと、それ読んだの?経営者向けの本だよ。。」

気になって聞いちゃった。。

そりゃそうです。だって美容学生1年生って18〜19歳くらいでしょ?

俺がその当時なんか週間少年ジャンプかマガジンしか読まず、本とかまったく興味なかった時代。。

ましてやビジネス書なんて、読んだだけでジンマシン出ちゃうレベルだったでしょ(笑)

なのに、、

それが、ビックリ!!

なんとマーカーまで引いてあるじゃん!!

読み込んでるねー!!

なかなか、NO LIMITの本をマーカー引きながら読んだ美容学生ってレアだと思いません?

というか全国探しても1人しかいないんじゃないの?(笑)

しかも、

GULGULノートと呼んでいたメモ帳まで持ってるし、、、

びっちり文字が書いてあったから、なにを書いてあるんだよと思ってのぞいてみると、、、

これこれ、、

【経営理念】をメモってある。。

てか、うちのスタッフ経営理念ちゃんとわかってるのかねぇ??

学生で覚えてもらってるんだから、うちのスタッフには、もっと覚えてもらう努力をしっかりと力入れよ!!

でね、

さらに、

これこれ!!

これは、最高なメモだね(^^)

俺の事までリサーチ済み(笑)

もうその場で「合格!」とか言っちゃいそうでしたよ(笑)

でも、学生のうちからGULGULをリサーチしてくれて、しっかり時間をかけて調べてくれているのは嬉しい事です。。

やはり、現実的には「なんとなく」という気持ちで、自分の就職先を決める学生だって多いと思うんですよね、、

でも、あたりまえっちゃ、あたりまえ。。

まだ、19歳やそこらの年齢だしね、、

自分の将来を計画性もって組み立てし、ビジョンを持ち行動出来る方が少数派でしょう、、

けどあたりまえだけど就活って大切でしょ?

学生だったら、自分の人生を左右するって言っても過言ではなかったりするレベルだし。

だからこそ、うちのサロン説明でも、良いことばかりを言いたくない。。

すべて理想的な事ばかりじゃないからね。。

たとえば、、

「GULGULだって、ムカつく先輩は必ずいると思うよー」

「クソみたいな先輩だっているかもよー」

「周りの友達が遊んでて美容師やってるのバカらしくなる事だってあるよー」

「社会人なんだから理不尽な事も感じる事あると思うよー」

「練習キツイかもよー」

「遊べる時間減るかもよー」

「寝不足かもよー」

どこだって、完璧な環境ってないんです。

どんな職業だって、どんな職場だって、、

それが良いか?悪いか?を決めるのは自分の行動次第!!!

だからこそ、GULGULの良い部分も見てほしいし、GULGULの悪い部分だって見てほしい!!

そんなもんじゃないかなぁ??

ある意味、就職って結婚にも似たような部分あるしね、、

良い部分と、悪い部分の表裏一体。。

だからこそ、相手を知るってことから始めないと。。

あとは、自分がどんな人間に成長していくのか?環境も大切だけど、最後は自分自身の気持ちやマインドが1番重要なんですよねー!!

どんどんサロン見学に、いろんな学生さんに来てもらって、GULGULの丸裸な部分を見て欲しいです!!

そして、、

誰でも『縁』があったら一緒に働きたいよね!!

ところで、、、

だんだん、美容学生が親子くらいの年齢差になってきた( ̄∇ ̄)

そのうち、お爺ちゃん扱いされるな、、、

サロン見学、絶賛解放中でーす!

気になる人は下記のLINE @で登録して連絡下さい!

では。


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・取材依頼などのお問い合わせはこちら