2018
01.23

メンバーズカードって必要ですか?

大河内の好き勝手言う!, 未分類

皆さんのサロンって『メンバーズカード』ってありますか??

うち、あるんです。。

けど、昨年の9月に出店した表参道店はメンバーズカードを作るのを辞めてみました、、

なんか、既存店もそうなのですが、あまり意味を持たなくなってきていたんですよねぇ、、

昔に作ったから、その惰性で使い続けていたりして、、

とりあえず、ポイントもカードの役割も務めているメンバーズカードなのですが、ポイントが貯まった時に、サービスするメニューも微妙な感じになってきていて、、

そもそも、なんのためにお客様の財布の中を、うちのカードで占領しているのか、わからなくなってきていたんです。。

それで、表参道店をオープンする時に。

「メンバーズカードいらなくね?」

そんな流れで、新店舗から廃止してみました。。

住所の活用ってしてます?

なんか、そう考えてたら、美容室で昔から先輩達に言われてやってきていた事が、いろいろ不要なんじゃないかなと、、

例えば、新規のお客様にカルテを書いてもらうけど、住所の欄がいらなくなってきたかもと思ったんです。。

いや、

うちも、前まではお客様にDMとか送ってましたよ!!

けど、、

最近は、まったく送ってないんですよねー、、

むしろ、うちが今は一生懸命なのはLINE @だし。。

もちろん、今でもお客様に年賀状とかDMを大切に送っているサロンは住所が必要でしょう!!

でも、GULGULはほとんどやってない、、

カルテに記入してもらって、POSにデータとして登録までしてるけど、それを有効になにか役立ててるかって言ったら、なにもやってないですもん。。

それって、むしろお客様に失礼なんじゃないかって、思うんですよね、、

活用してもないし、必要とも最近していないのに、住所は書いてもらっているって、、

なんか、すごく失礼な気がしてきた、、

それだったら、LINEでメッセージ送る方に力を入れている美容室は、当然のことながらLINEのI.Dを聞いた方が良いですもんね、、

なんか、メンバーズカードといい、新規カルテの住所記入といい、昔からやっている事だから、なにも思考しなくなって惰性でやっている事ありませんかー?

必要な事と、もう必要じゃない事。

やっぱり、いろいろと、その時代にあった事に変えていかなきゃダメなんですよね、、、

もちろん、昔ながらのアナログ手法で結果を出しているサロンだって沢山あります。

けど、、

もう、その手法(DM、年賀状)とかを、やっていないのに、住所だけは毎回書いてもらってる、、、

それが時代の流れを、しっかりと見ずに惰性でやっている事なんですよね、、

だから、、

うちは、メンバーズカードを全店舗辞めます!!!

いや、まだしっかり幹部も巻き込んで話してないのですが、その方向で話を進めてみます!!

代わりに、とうとう、、、

LINE @のショップカードの導入を検討してみる!!!

まあ、これはLINE @の人数を増やしたいって気持ちが、おもいっきりあるのですが、それ以外でも、なんか好奇心でやってみたい気持ちあるんですよね、、、

今年のGULGULのテーマは、本格的にLINE活用なので。、

昔に比べて、随分と電話も鳴らなくなったけど、まだ半分以上は予約の電話が残ってる現状です。、

むしろ、気持ち的には店舗の電話を、初めから撤去してしまい、全て予約はLINE経由かネット予約経由にしてもいいかなと思っちゃうくらい。、

まあ、今は無理ですね、、

LINEを真剣に活用する事を、今年は考えるの意味としては、もっと美容の情報をお客様に届けるって意味もあるんですよね、、

むしろ、LINEで店販すら売れていく的な。。

それって、なんかまだぼんやりですけど、今年はチャレンジしたいと思ってます!!

今って、いろいろと便利な機能が沢山あるけど、それをうまく取り入れて活用できるのか?ってるのは人次第なんですよね〜、、、

とにかく、小さい事からでも、改革。。

今、必要な事。。

今、必要なくなった事。。

ちなみに、今年に入ってGULGULは全店舗で伝票も無くしました!!

あれも、必要なくなってきたなと、、、

なんか、そんな風に、前までは必要だったけど、今は必要なくなってきた事。。

その分に、今までやってきてなかった事に、もっと手間をかけて今年は店舗内を、もっともっと改革していきます!!

では。


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・取材依頼などのお問い合わせはこちら