2017
08.11

美容室の社会保険加入っ簡単なのかもしれないよ?

大河内の好き勝手言う!

ほら、美容業界って『社会保険の加入率』が低い業界ではあるって言われるじゃないですか??

でも、それって美容業界だけじゃないんですってね。。

有名なのは建設業界が、よく社会保険の未加入問題で記事で上がってきますけれども、僕がこの前に聞いて驚いたのは「歯科医院」も社会保険の加入率が低い業界の1つだとか。。

僕はまったく知らない業界ですが「へーっ!」って思いました。。

なんか、イメージだけだと、すごくしっかりしてそうなイメージありますもん。やっぱり、いろいろ業界別に課題や問題ってあるんですかねぇ?

生産性◯◯万円って目安でしかないんです。

よくね、質問もらうんですけど。。

「社会保険って美容室で、1人生産性がどれくらいなら加入出来ますか??」

誰がどうやって言い出したのか、わからないけど「生産性◯◯万円以上」出さなきゃ社会保険の加入は難しい。。。

これ、基準としてはわかりやすいけど、正確じゃないと思うんですよね。。

たぶん、美容師以外のコンサルとかディーラーの営業マンとかが、中心になって拡散されている知識だと思うんですが、逆に社会保険の加入率を低くしているような気がする、、、

よく聞くのが、、、

●生産性80万円ないと加入は厳しい

●生産性60万円くらいだと絶対無理

えーーーっ!マシまでー?無理ーー!!

そんな気持ちになりますが、、、

僕は社会保険の加入をしていなかった時に、実際に誰かから聞いた事のある言葉です。。

生産性80万円って!!!!

いやいや、簡単な数字じゃないって!!

もうね、社会保険に加入していなかった当時の僕は、それを聞いただけで「チーーン」って気持ちでした。。

「あー、社会保険なんて、とてもじゃないけど、入れないや。。。」

もちろん、生産性80万円なんて数字を当時のGULGULは出せてなかったですからね。。

そんな風に、社会保険の加入を絶望的だと思っていた矢先に、僕を恐怖の底に陥れる手紙が会社に届いたのです、、、、、、、

それは、、、

社会保険事務所からの「赤紙」が、、、

無情にも会社のポストに、、、

まあ、本当に手紙が赤いわけではありませんが、僕にとってはそんな気分。。

死刑宣告の通知。。。

生産性が80万円ないで、社会保険の加入すると潰れる説まで洗脳されている時期ですから、本当にこの社会保険事務所からの手紙にはビビらさせられました。

気持ちの中は、

「ガーーーーーン」

というお先真っ暗な感じ。。オーマイガッ!です。。

そのあと、手紙をもって社会保険事務所の担当に直談判。。

「いやいや、今すぐに社会保険の加入を全スタッフさせられたら会社が存続出来ません!!」

「なんで、うちなんですか?マジでうちの周りの美容室だって、何処も入ってないじゃないですか!!」←すごく失礼でした(笑)

「一斉に、全国の美容室に加入命令行くならいいけど、うちにだけ加入命令来るなんて不公平だ!!」

もう、僕は自分で考えても、一般的よりも厄介なタイプなので、めちゃくちゃ担当官の人に喰いつきました!

けどね、、

最終的に担当官の言った言葉が。。

「御社が入れる入れないとかじゃなく、社会保険の加入は法律で決められた義務なんで」

もう「チーーン」ですよね。

おっしゃる通り。。

うちの都合とかじゃなく、まあ決まっているルールですから。。

それから、半年後に、、

GULGULは社会保険に加入しました。

実際に社会保険加入って大変です。。

この当時のGULGUL生産性は60万円台だったのではないでしょうか?

社会保険の加入までに、うちがとった対策。。。

ほら、80万円ないと加入したら潰れるって噂を聞いてたでしょ?

なにか、対策取らなきゃと考えていたのですが、、、、、、、、

結果的に、なにも対策とらず。。

そのまま社会保険の加入へ、、、

この当時、3店舗だったんですかね?スタッフを全員集めて、社会保険への加入説明をしました。。

本当に会社として嫌なのは、社会保険って加入するのに、めちゃくちゃお金かかる事なのに、スタッフ全員から、社会保険の加入は歓迎はされていないって事なんです、、、

ほら、手取り減るでしょ?

しかも、今まで年金を自分たちで、ちゃんと払っていたスタッフばかりではないし、、

美容師って、けっこう払ってないんですよねーー!!!

まあ、若い頃の僕も払ってなかった(^。^)

もちろん、社会保険の加入で喜んでくれるスタッフも沢山いたけど、あまり加入を歓迎してくれないスタッフもいるんです。。

そこが、ツライ。。

会社はめちゃくちゃ出費なのに、、

だからね、加入したくないって人のためにも、社会保険の加入は、しっかりとスタッフに『社会保険の支払いは社会的義務』という事を教えなきゃいけないんです!!!

もう、緊急ミーティングっすよ(笑)

まあ、ちょっと前、社会保険事務所の担当に噛み付き、「社会保険の加入は義務なんです」とか説教をくらっていたばかりの僕がですがね、、、

今度は逆の立場になって、しっかりスタッフへ説明します(笑)

もうね、

この時なんて、気持ち的には、

「社会保険の加入で、本当にうちの会社は保険料を払っていけるのだろうか??」

そんな不安でいっぱいです。。

ザックリですが、だってスタッフ達は、今まで引かれていなかった社会保険の料率を給料明細から天引きされるけど、その同じ金額を会社は負担しなきゃならないですからね、、、

しかも、スタッフ人数の全員分をしっかりと。。

うちは、当時は3店舗だったので、簡単に計算すると約1000万円くらいの金額を年間負担しなければいけなかったんです。。

1000万円ですよー!

ヤバイって。。

なのに、スタッフ全員からは歓迎されてない、この切なさ。。。。

はぁ〜〜、、、

4年弱前の加入時には、そんな気持ちで社会保険の加入をした覚えがあります。。

実際に、うちは社会保険加入後の方が成長出来ました!

じゃあね、、、

生産性が、80万円なきゃダメだと言われていた中で。

まったく対策とらずに、、、

そのまま社会保険の加入をした結果、どうなったのか??

【社会保険加入の結果】

●初年度の経常利益率1%

いやー、ギリギリ赤字にならなかったー!

●2年目の経常利益率7%

おーー!ここで創業から過去最高の経常利益を出してくれたーー!

いやいや。マジで予想外。。

なぜか、社会保険加入した後の方が。会社の業績が伸びてしまったーー!

そして今は、社会保険の加入前よりも、うちは経常利益率でいえば毎年高い水準で決算を迎える事が出来るように成長する事が出来ました!

あーよかった(^。^)

でも、なんでだろう??

あとは、結局は自分次第。。

うちが、社会保険の加入準備も出来ずに、強制的に社会保険事務所から加入させられて、大丈夫だった理由なのですが、、、

いろいろな、複合的な要素ってあると思うんだけど、なんだかんだ言って、、、

『沢山、考え。順応出来るように努力したから!!』

すごく、抽象的な表現なんだけど、多分それが1番しっくり来る言葉なんですよね、、、

とにかく、

社会保険の支払いが始まったら、なんとかしなければいけない!!

●売上を伸ばすのか?

●経費を削るのか?

●両方頑張るのか?

もうね、社会保険の支払いって始まっちゃったら「待った無し!」なんです!

もう、否応にもどうにか払わなきゃならない。。

結果的にどうにかしちゃう!!

これが、真理なんじゃないのかなぁ、、、

加入した僕が断言出来るのは、

『生産性80万円以上なくても、社会保険は加入できます!』

という事なんではないでしょうか?

これね、

生産性って正確じゃないんです!

生産性ってスタッフ人数でも全然変わって来る目安の数字でしかないから。

スタッフ3人の美容室と、

スタッフ10人の美容室と、

スタッフ30人の美容室では全然違います!

あとは、社会保険の支払いって、売上からじゃなく、、

人件費』から算出されるって事。。

その人件費も各社で違うでしょ?

あと、40歳以上のスタッフが、多かったりすると、それはそれで料率が高くなるし、、、

だからね、、

生産性って、やっぱり目安でしかないんです!!!

何が言いたいかって事なのですが、しっかりと社労士さんに調べてもらった方がいいですよ!!って事。

理想なのは、月次決算をすごく正確に出してもらいながら(←税務的な雑な月次決算じゃなくって意味)

今の人件費からの社会保険料の負担額を、社労士さんに計算してもらうんです!!

それを、月額に直して、月次決算から支払いがシュミレーション出来れば、必ず社会保険は、加入できます!!

経験者の意見としては、、

「けっこう、なんとかなるもんですよ(^。^)」

会社って生き物です。

どんなに過酷な環境でも。その環境下に置かれると、オーナー次第でちゃんと進化するんです!!

なんかね、

生産性とか、材料費率とか、坪単価とか、人件費率とか、、

いろいろと、美容業界では誰もが耳にした事のある数字って沢山ありますが、僕は、ほとんどが正確な基準だと思っていません。

バカでも目安に出来るような、適当で簡略的な数字なんですよね、、、

そんな、目安の数字をアテにせずに、もっとちゃんと計算を自分でしてみましょう!!

多分、、、

ほとんどの美容室が社会保険だって、加入出来るはず。。

そりゃ、簡単じゃないけど、、、

会社としての負担は、めちゃくちゃツライけど、、、

幹部の協力も絶対に欲しいけど、、、

まずは、適当な数字に左右されずに、自分で計算する事に意味があるのではないでしょうか?、

まあ、

社会保険の加入締めつけが、最近ではヤバくなっています。

それで、法人を解散して、社会保険の加入を逃れようとする人も出て来るのかもしれませんね。。

けど、一回計算するといいですよ!

役員報酬を削ってでも。。。

だって、法人を解散すると今はいいけど、トータルして見たら、美容室の成長率を下げてる事だって考えられますからね!!

よくよく、考えてから実行することをオススメします!

ぜひ、

もしよかったら、これから加入を考えている人は、参考にしてください!!

では!!

第3期オンラインサロンメンバー募集中!
月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・コンサル依頼などのお問い合わせはこちら

書籍出版しました!!
ご購入はこちら
サンプルページを見る