2017
05.01

独立したてで「やってはいけない」事。。

大河内の好き勝手言う!

なんか、いろいろな独立した人に会うじゃないですか?

業種問わず、プライベートでもなんですも。。

特に前からの友人とかが独立して、自分で仕事をしているって場合。。

その時に、よく出る「あるある」なんですけどね、、

みんな話を聞いてると『領収書』って言葉が好きなんですよねーーー、、、

●経費

●領収書

●節税

などなどなど、、、

こーいうときに「話し合わないなー」とか思っちゃってます。。

けどね、どうせプライベートだし、、

そこの意見に反論する必要もないかと「フムフム」と聞いてるんですけど、、、

とにかく、せっかく独立したんだから「経費使わなきゃ損でしょ!」みたいなテンションの人って多くないですか?

むしろ、コレクションのように「領収書をためる」って事がカッコいいと思ってる。。

「俺も社長だから、領収書とって経費使わなきゃヤバいんだよねーー」

とか言っちゃってカッコつけてる。。

でもね、、

本当は、それ全然カッコよくないんですよね、、、( ̄∇ ̄)

だからたまに、プライベートなのに、

「利益も出てねーのに経費使ってどーすんだよ!」

とか反論したくなっちゃうんですよねー。。

身の丈にあった経費って?

僕は最初から「ブツ欲」があまりなかった方だったから良かったと思うんですけど、、

これ、美容室に限らずにどんな業種でも、独立した人って、、

●年収1000万円

●高級外車

●生活費すべて経費

この3つを最大の目標にしている人多くないですか??

いや、僕が会う人を基準に考えると、むしろ多すぎなように感じます。。

「個」の目標が先に強く出すぎちゃって、それが自分たちの事業を圧迫しているケースとか、見たことありますもん!!

これ、美容室オーナーさんとかもいますよね?

1つ付け足すと、、

この3つをすべて1店舗目から叶えながら、どんどん会社も伸ばしちゃう「天才的経営者」もいます!!

まじで、これは嫉妬の対象なくらいパワーもってます!

けどね、、、

だいたいは、1店舗目からこの3つにとらわれすぎて、ちょっと売上上がったら、、

役員報酬あげて、

高級外車買って、

いつも外食で領収書。。

身の丈にあっていない経費を使って、会社の成長を鈍化させる。。

そんな人の割合の方が多いですよねー、、

1店舗目の人が陥りやすい3大悪

すごく、わかるんです。、

自分で独立した後に、そういう行動をすぐに取りたくなる気持ち。。

けどね、、

多分、ほとんどの人はそうしちゃダメなんだと思ってます。。

自分で独立したら、じっと我慢しながら、しっかり自分の事業の利益を出せるようにする!!

利益を出して税金払う!!

でも、利益が出だすと、今までに見た事もない税金額にビビり、、

税理さんからのアドバイス通り、、

だいたいは、税金払いたくないから自分の個人的な事に無理矢理お金使っちゃいたくなる。。

そうすると、、、

なかなか会社に利益を出せないから、事業が発展するスピードが遅くなっちゃう。。

こうなると、

もう、、

負のスパイラル!!

美容室の経営だと、

1店舗目での、

●年収1000万円

●高級外車

●生活費すべて経費

この3つの目標を、利益も出てないのに立ててしまう事は「1店舗目の3大悪」とでも言えるのではないでしょうか?

ある一握りのパワーガツガツある経営者以外は、事業が本当の意味で上手く行くまでは、この3つは封印した方が上手く行くと思うんですよね〜、、

身の丈にあった成長。。

それを見極めるのも、1番難しいのかもしれないですけど、、、

けどね、、

年商が1億円以上いかない人って、こんなタイプの人が多いように感じるんです。

個人的な目標に焦りすぎて、逆に自分を小さくしてしまってる人。。

僕は、そんな人によく会います!

さて、皆さんはどうなのでしょうか??

参考にしてみてください(^^)

では。

第3期オンラインサロンメンバー募集中!
月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。