2016
09.08

小さな美容室。借金って必要なのか?不必要なのか?

大河内の好き勝手言う!

会社にとって『お金』は借りた方がいいのか?借りない方がいいのか?

借金経営か無借金経営か?

銀行融資を受けた方がいいのか、受けない方がいいのか?

これ、言葉の表現を変えただけなんですけど、実際はどれも同じ事ですよね。。。

昨日も美容室経営者が4人集まって東京の八重洲で飲んでいる時に、そんな話題が出ました、。

基本的には、経営自体に正解はないので、どっちが良いのかとかは、人それぞれになってしまうと思うのですが、僕の経験談の中で『こうした方がいいよ!』というのはあります。。

僕は、『借金する派』です。。

しかも、何千万円単位で今すぐ使わない運転資金を借入する人なんです。

言葉のイメージだけで判断しないで!

お金を借りる。

借金する。

融資を受ける。

まあ。この中で言ったら「融資を受ける」が1番スマートな響きがありますよね。。

言葉のイメージとしては、事業を大きくする為の投資として銀行融資を受けるみたいな響きがあります。。

逆に「借金する」の言葉のイメージは、お金に困ってて、誰かに頼み込んで「生き長らえる為」にお金を借りるような響きがあります。。

まあ、実際はどっちも同じ意味で言葉を使ったりするし、僕も会社で借りたお金の事を「借金」とか「融資」とか気分と、会話の前後の流れから、意味もなく、言葉を使い分けたりしますもんね。。

でも。お金を借りるのが抵抗ある人は、、

『借金』

という言葉のイメージとしての捉え方のほうが強い人が多いんじゃないんですかね〜〜。。

会社が倒産する時ってどんな時?

まず、会社が倒産する時ってどんな時でしょうか??

●赤字が続いたとき?

●人がいなくなった時

●売上が下がった時?

これは、僕が1番最初に習った事だから経営としては、当たり前で正解を引き延ばすまでもないのですが、、、

正解は、『お金が無くなった時』です。

赤字が何期も続いても倒産していない会社は沢山あるし、黒字でも倒産しちゃう会社があります。

マクドナルドだって、中国での食品管理問題が出た後は、すごく信用を無くして売上がドカンと落ちましたよね。。当然赤字です。。

でも、倒産しません。。

なぜ?

当たり前ですが、現金持ってるからです。。

僕が掲げている会社としての目標は、『永続経営』なんです。それって、どんな事があっても会社を潰さないって事。。

震災が来て3カ月くらい営業出来なくても

台風が毎週来ても

火事でお店が燃えちゃっても

どんな天災が起きても、会社を永続経営していかなきゃいけないんです。。

それのリスクヘッジをする方法として、僕としては『お金を借りる』事を選択する事がベストだと 思って実行しています!!

まず。わからない事は勉強して覚える

借入には、

『設備資金』

『運転資金』

の2種類があります。

ここで話している事は、余分な資金を運転資金として銀行融資をしてもらうという話です。。

それに対しても、

『プロパー融資』

『保証協会』

まあ、いろいろ考え方はあるでしょうし、ここまで書いてると長くなるので説明は割愛させて頂きます。。

「設備資金」

「運転資金」

「プロパー融資」

「保証協会」

それでね、美容室経営でもスタッフを身内以外で3人以上雇用していたら、上記の言葉の意味がわからない人は勉強を始めた方がいいと思います。

もし、身内以外で5人以上のスタッフを雇用している人で、上記の言葉が理解できなかったら、とりあえず速攻で本屋まで走りましょう!!マズイと危機感を持って良いレベルです。。

まず、借りた方が良いのか?そうでないのか?

最低限の知識を持っていないと考える事すら出来ません。。

自分がまったく理解してしていないレベルで先輩経営者に、この「融資」の話を聞いても、まったく自分の中にストンと落ちてきません。。

まずは、基本知識を少しでも持っていないと、考える材料すらないって事なんですよね〜〜

借入は『豊かな心』が手に入る!

僕は『お金を借りる派』です!!

そうする事によって良くなった事の1つに。。

『豊かな心を手に入れた』

という事があります。

運転資金を入れてなかった時代から考えると、相当僕は「豊かな心」になったと思っています。

銀行の通帳と1日中にらめっこする事もなくなりました。。(残金が少なくなるとハラハラドキドキ)

運転資金が入っていなく、通帳がギリギリで経営している時は、ちょっと売上が下がっただけで「ドキドキ」「イライラ」してたものです。。

ちょっと、モノが壊れて買い換えなきゃいけない時でも「ふざけるなぁ〜〜バカヤロー」と心の中で激怒していたものです。。

それが、、

もちろん、融資のお金だとわかっていても。。

何千万円という今すぐ使わないお金が通帳に入っている事が、「僕の心を豊か」にしてくれるんです。

心の在り方が変わってきます。。

「ちょっと売上が下がって、お金が無くなっても倒産しない安心感」

これが、僕の心を豊かな感情にしてくれたんです!!

それが、1番の『借入』からもらったメリットではないでしょうか??

・休みを増やす

・営業時間を短くする

・社員旅行にいく

全部それを実現させる判断は、銀行の通帳とにらめっこしながらの状態じゃ出来ないんです。。

豊かな心。。

大切なんですよね〜〜

運転資金はどれだけの金額までとか、

金利はどうとか、

保証協会どうなのとか、、

もちろん『健全な借入』をする為には、最低限の知識は必要だと思いますが、何も考えず、何も調べずに、、

「借金は絶対にしたくねーし!」

みたいに思わず。僕みたいな判断をして『借金する派』の人もいる事を思い出してみて下さい。

ちなみに僕は、、

『借金する派』

『税金払う派』

もっとキチンと話せば、税金をしっかりと沢山払って、その分しっかり借金でお金を沢山借りる派なんです。

皆さんの参考にして下さい。

ては!
気軽にFacebookの友達申請してください!


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・コンサル依頼などのお問い合わせはこちら