2016
08.18

独立は「テナント」「自宅兼サロン」はどちらが良いのか?

大河内の好き勝手言う!

小規模サロン(1〜3人)の独立だとテナントか自宅兼サロンかどっちが良いのかという問題がありますよね。これは、いろんな所で聞く『美容師独立あるある質問』なんだと思ってます。

そこで、僕の考えをブログにしておこうかなと、、

現役の美容室社長が答える『美容師独立あるある質問』シリーズ。。(はい、ただ美容室と社長をキーワードに入れたかっただけです、、)

自宅兼サロンが良いと思う、僕なりの理由

先に答えます。僕の答えとしては、、

「小規模サロンは断然に自宅兼サロンが良い!!」

これは前提条件が、ずっと1〜3人で営業して拡張の意思がない事が小規模サロンとした場合です。。

では、理由を話していきましょう。

理由①

僕は1度独立したら40年間は最低続けられる事をイメージしながら独立する事をオススメしています。小規模サロンの場合は実は10年続けるのは比較的簡単なのかもしれません。よく企業の『10年生存率』とかが有名ですが、それよりもはるかに美容室の小規模サロンの生存率は高いと思うんです。

しかし、小規模サロンの難しいのは20年〜30年なんです。20年続けられたとしても、僕が提唱する40年間までは20年も足りません。要は残りの20年は無職という事になってしまいます。

その小規模サロンで難しい20年〜30年を乗り越えるには、テナントより自宅兼サロンの方が強いという考え方なのです。

考えてみて下さい。テナントで40年間も建物が持つテナントって少なくないですか?

特に小規模サロンの場合は家賃が安い所を狙う分、テナント入居時に「築30年」とかザラにあると思います。うちの本店のテナントが「築40年」でしたからね、、

そうすると、必ず『移転』ありきのテナントになる可能性が高いという事なんです。

そういう理由から、自宅兼サロンで独立して、引退までそこの場所で営業をやり続け、サロンが古くなってきたら自宅リフォームのついでに少し改装するくらいが、小規模サロン独立には理想だと思っています。

理由②

もう1つの理由は「家賃」です。これは当たり前ですよね。

自宅兼サロンの方が家賃がないのです。住宅ローンにどれだけサロン部分を入れ込んで借り入れが出来るかは、テクニック次第だとは思いますが、それでも家賃がないのは大きいです。

小規模サロンはスモールビジネスにして、いかに経費を少なくするかが鍵になってくると思います。

40年間の間に自分が病気で入院しても、自宅兼サロンなら家賃の負担がない分助かります。

店舗拡大を目指すならテナントで拡大していくのは良いですが、そうじゃなければ自宅兼サロンで地域密着で、どんどん町内会とお付き合いさせてもらい、町内会のイベントとかに積極的に参加するスタイルが鉄板なのかなと、、

今しか見てないのか?それとも30年後も見据えているのか?

僕は前回書いたブログで「独立は継続が難しいから小規模サロンが不利」という内容の事を書きました。

僕のが個人店を目指さなかった理由

小規模サロンの場合は、独立してから50代半ばが難しくなってくるように感じるのです。もしかしたら、自分の子供が高校生から大学生のタイミングの人も多いかもしれません。

夫婦2人でやっていく時にでも、かならず50代の時になっても、2人で安定したサロン運営が出来るかをイメージして仕組みを作っておいた方が安全です。

もちろん、独立20年.30年目でもまったく問題なく繁盛店を運営できるセンスの良い美容室オーナーは沢山いるでしょう。

でも、独立する前は誰もがやってみなくちゃわからないんです。

そうした場合は、ビジネスとして出来る限りのリスクを減らす事を考えて独立した方が良いと思うんですよね。

30代、40代の時は1〜3人で美容室運営は順調で運営出来る人が多いでしょう。でも、1番失業しては困る50代後半から60代にどうリスクヘッジしておくのか。。大切じゃないですかね?

もちろん、それまでに出来る限り稼いで『貯金』という武器で平均寿命の80歳まで繋ぐという考えもあるでしょう。

リスクヘッジはなんでも良いと思います。

大切なのは、今しか見ないんじゃなく、必ずやってくる老いという未来まで、しっかりと考えて独立する事。それが僕にとっての独立という事です。
『小規模サロンはテナントより自宅兼サロンが良い』

それが僕の答えでした。

もし良ければひとつの参考にして下さい。

では。

気軽にFacebookの友達申請してください!


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・コンサル依頼などのお問い合わせはこちら