2016
06.28
img_7385.jpg

カット料金っていくらが妥当なんでしょう?

大河内の好き勝手言う!

いきなりですが、美容室のカット料金っていくらが妥当なんでしょう??

答えは、、、、

わかりません。。。

なぜかというと、そもそもカットだけじゃなく世の中の値段の付いている商品すべてが、

モノの価値 = 値段

だからです。一言にカットといっても「モノの価値」が違います。A君とB君では同じカットという商品を売っていますが、中身は別物。。もうカットいう名前だけ一緒で、商品としては同じモノではないのです。

だから『価値』が違うぶん値段も違うのですよね。。

じゃあ、カットの値段はいくらが適正なのでしょう?

答えは、、、

わかりません。。。

それは、お客様が満足して「この人にだったら、この値段を払ってもいいわ!」と思った値段だからです。

値引きをしてたら、必ずツケがまわってくる。

最近「美容師とお金や値段」関連の記事を何個か続けて見かけたので、僕もちょっと違う側面で「美容師と値段」的なブログを書いてみたくなりました。。

僕は、美容室の「人時生産性」を上げていくべきだと思っています。。

これが、美容師の待遇から給与というすべてに繋がっているからです。

だから、簡単に言うと「値引き」をすればするほど「人時生産性」は下がって世間で言われているような低所得で待遇の悪い美容師が生まれてくるんです。

結果、「価値を高めて値段を上げる」これが美容師側の生きる道になるんですよね。。。

けど、けど、けど、、実際にはお客様も、美容代って大変。。

しかし、僕がいろいろブログを読んでいる中で、こんなコメントを見つけました。。

人のコメントなので僕の言葉に直してザックリと正確じゃなく書きますが、、、

今の消費者は美容室にかけるお金を1000円くらいで出来る事を求めています。

その理由は税金面や社会保障などの圧迫。そして高齢化社会での美容代に誰もがかけられる現状ではない事。

なかなかカットだけに7000円払うのはキツイです。

まあ、それはそうでしょうと思いました。

実際に、美容室に2万円〜3万円のお金を使える人って全国の割合からみたら、ごく少数ですからね。。

カットで5000円以上も厳しい人は沢山世の中にはいる事でしょう。。

だから、安売り店が増えてますし、お客様の支持も得ています。実際に今1番勢いのある美容室は安売り店ですからね。それが世の人の現状なのでしょう。

「安い方がいいにきまってる」をどう職人は打開していくのか?

では、不景気や社会保障や税金の負担額増に合わせて考えると美容室の値段は『値引き』に目を向けた方がいいのでしょうか?

そりゃ、お客様からみたら安い方がいいに決まってます。。

けど、その結果が今の美容業界なんですよね〜。。

そうすると。僕たちが目を向けなきゃいけないのは、お客様に認めてもらいながら「価値を高めて値段を上げる事」が重要になってくると思うんです。。。

でも、しかしね、、お客様の支払い金額には限界が必ずあります。。

これは、地域でも絶対に違います。。

青山、原宿、表参道、銀座。。

この周辺にある美容室に来ているお客様と、地方に来店されるお客様の美容にかけれるお金の「限界値」って必ず違いがあるんです。。

それが、地域別の所得差でしょ?

じゃあ、結局どうすればいいの?ってはなし。

値上げっないっても1種類だけじゃない!

例えば。。

1000円カットって本当に安いですか?

10分→1000円

これって、60分→6000円なんです。

皆さんのサロンでは、お客様が来店してから帰るまでの時間はどのくらいでしょう??

だいたいが、予約枠としては1時間の余裕をもって予約を取っている美容室は多いのではないでしょうか?

10分→1000円は60分→4000円より高いんです。。

美容師の待遇や給与を高くするには、値段を高くする事がすべてじゃなく『人時生産性』を上げれれば、その方法はなんでもいいのです。。

ケース①

美容師の価値を高めるために努力して、技術向上し、お客様満足度を上げて60分で6000円のカット料金にした。。美容師の価値が高まった。

ケース②

美容師の価値を高めるために努力して、技術向上し、お客様満足度を保ちながら30分で3000円のカット料金にした。。美容師の価値が高まった。

これって、同じ事なんです。。

お客様がカット料金にかけられる値段に限界があるのなら、美容師は努力して、、

『お客様の満足度がまったく減らないで時間を短縮する努力をする』

これも、一種の値上げになるんです。。

60分→4000円のカット料金を

30分→4000円にしたら、、

カット料金200倍の値上げ

になるんですよね。。

これは、時間を短縮したら、その時間を補うくらいのお客様が来店してくれるくらいに美容師としての魅力や支持率が上がらないと、このような結果には当然なりませんが、、、けど、値上げにそんな楽ってそもそもないんだから、どんな方法をとっても困難なのは同じ事。

 

時間の、短縮なんかはどこの美容室でもやってるけど、1000円カットほどシビアに取り組んでる組織ってどれだけあるのでしょう?
少なくとも、うちはまだまだ時間を意識する事には、レベルが低いです。

 

僕達は職人であり、技術職です。だから相手の財布は気にしないで最良の技術を提供する事だけを考えればいいのかもしれません。

けど、、、、

世間は僕達美容師の事を「世間知らず」と呼ばれる方もいらっしゃいます。。

どう考えても「不景気」な世の中で、単価を上げなきゃいけない美容業界の現状を正攻法だけで、乗り越えるのではなく、変化球も必要かもしれませんね。。

30分→3000円カット。。

もしくは、美容室でのサイドビジネス。。

まだまだ、お客様に理解してもらいながら、単価を上げる方法は沢山あるのかもしれません。

それを、見つけ出すためには勉強しかないっすよね。。
そんな事を思った火曜日でした。

では。
気軽にFacebookの友達申請してください!

第2期オンラインサロンメンバー募集中!
月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで5店舗の美容室を展開する美容室社長。。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。