2018
07.05

中国の美容師さんがGULGUL視察に来た。

ブログ

今日は、朝から表参道へ。。。

駅に着いて、テクテク歩いてまい泉通りを進んでいると、前方にちょっと派手な団体さんが歩いてらっしゃる。。

その団体の、少し後方から着いていくような徒歩スピードで、僕は歩いていく。。

ちょっと、経つとその団体さんの足が止まり、建物に入っていくじゃないですか!!

人それぞれ、その建物の前で写真を撮ったり、そのまま階段で建物内に入って行ったりと、、

そうそう。

その団体さんが、止まっていた建物は、GULGUL表参道。。

みんな、そろって店内へ入っていきました。。

中に入ると、、

団体ざんがワイワイと。。

アテンドしてるのはディレクター石川!!

通訳さんを使って一生懸命にGULGULの解説をしていました。。

個室型美容室GULGUL 社長大河内隆広 on Twitter

石川ディレクターが同時通訳でお店の解説中。。 https://t.co/E9f7IIW4um

でも、本当に勉強熱心ですね!!

今回、わざわざ北京からGULGULに見学しに来てくれたのは、北京の有名な美容室のスタッフさん達。。

オーナーでない美容師さん達が、勉強の為にそれぞれ自腹で20万円以上かけて、日本に6日間の勉強に来ているそうです。。

今回のツアーを仕切ってる中国の美容学校の人(女性の人)

日本での窓口になっている遠藤さん(男性の人)

勉強熱度で言ったら、もしかしたら今は日本の方が中国の人より負けてるかもって言葉を聞いた時に、なんか今回見学に来てくれた人達を見てわかる気がしましたよね〜。。

最近だと、日本の有名店に見学に来た中国の美容師さん達がガッカリして帰ることもしばしばあるそうです。。

ちょうど、うちの1年生が朝練やってる所をめちゃ見学されてました(笑)

うちも、なんか「日本に行ったらあそこの美容室行くといいよーー」とか言われるようになりたいな〜、、

なんか、海外の美容室って姿勢が違うと思いました。

先月、台湾に行った時に、台湾の美容室でヘッドスパの施術を受けてて思ったのが、、、

『外国人観光客に対しての、丁寧な接客とサービスとサプライズを大切にして、SNSに外国人が投稿してくれる事を狙って商売してる』

という事ですかね、、

僕たち日本人は、どちらかというと、日本語の喋れない観光客がサロンに入ってくると、嫌な顔したりする事があります。(まあ、ちゃんとしてる一部のサロンは別として、、)

郊外になれば、なおさらじゃないのかなぁ??

けど、、、

台湾は、言葉の通じない僕たちを、精一杯お客様として、いやビジネスとして丁寧にもてなしてくれた事に、日本との格差を感じたんですよねー。。

もっと、外に。。

もっと、グローバルに目を向けてながら、美容室もやっていかなきゃなと、、

そんな事を感じた午前中でしたー。。

あーー、

昼食べて、電車の移動が眠い。。。

では。


サンプルページを見る

月別アーカイブをチェック!!
スタッフ募集中!!

GULGULに興味あると思った人はまずは動画から
↓↓↓
GULGUL のリクルート動画!

@大河内隆広で
LINE@はじめました!!
リクルート専用!気軽に問い合わせ下さい!
↓↓↓
友だち追加


ホームページの問い合わせフォームもどうぞ!
GULGULホームページはこちらから

この記事をかいた人

表参道や都内から千葉方面に「個室型美容室GULGUL」と「Hair&Make smoos'」の2ブランドで6店舗の美容室を展開する美容室社長。2年連続でメーカー主催の店販コンクールでは日本一に。「店販意識改革セミナー」などの講習活動もしている。『ぶっ飛んだ事が好き』とサロン経営の中にも洋服買取など異業種とコラボを取り入れたりする、ちょっと変わった美容室経営者。土曜日の週一回だけハサミを持ってサロンワークに励んでいます。

講演依頼・取材依頼などのお問い合わせはこちら